医院開業・クリニック開業を決意する前に
医院開業のよくある質問

医院開業をお考えの先生から、実際にご質問を頂戴した内容をQ&A形式でまとめました。

医院の開業場所についてはどのように考えればよいですか?
医院開業に良さそうな物件を見つけました。
この物件で開業したいと思いますが、気をつける点はありますか?
ご自身の開業コンセプトに合っているか、再確認しましょう。
開業場所の確定は、開業コンセプト確立(※開業手順へ)の次に重要な課題です。安易に決めることは避けた方が賢明でしょう。
戸建て開業にされるのか、ビルや建て貸しの不動産にするのか、診療科目や地域によっても検討しなければならない項目が非常に多くあります。
広ければ運営コストが高くなりますし、狭ければ診療に影響が出てしまうかもしれません。
また、開業場所といってもビルの一部を借りるような場合、一般の不動産業者では確認できないような情報が重要となります。
天井高は機械の搬入などに支障がないか、レントゲンなどを設置する場合電気容量が足りるか、足りなければ変圧器の設置に同意してもらえるか、シンクやお手洗いなどの排水設備を作るために床下に十分なスペースがあるかなどの点です。

一般的に、医院開業物件といえどもこれらの要件を満たしていないものが混ざっています。不動産業者やネットの物件にはこれらの重要な情報が含まれていないため、良い物件かどうかの判断ができません。そのため、開業コンサルタントを通じて不動産会社に設備について確認を行い、場合によっては医療専門の設計会社に現地確認を依頼されたほうが良いかと思います。

「良い物件だと思うのでここで開業したい!」という進み方は危険です。
まずは、医院開業の手順をご参照いただき、きちんと開業コンセプトの確立から進められることをおすすめします。

【医院開業の場所選び】後戻りできなくなる前に【良い場所とは何か】

医院開業を志す先生にとって、やはり開業場所というのはとても大事な要素です。

物件探しをすると、様々な業者さんから多様なテナントをご紹介いただけると思います。

しかし、そこでしっかりと「良い場所/テナント」という言葉の意味を理解しておきましょう。

開業において後戻りできなくなるかもしれません。そして、クリニック経営に大きな影響がでることも・・・

医院開業セミナーの詳細はこちら

無料相談はこちら

その他のよくある質問はこちら
  • FPサービス代表 椎原正の著書「クリニック開業実践ガイダンス」重版決定
  • FPサービス株式会社大阪支社設立のご案内
  • FPサービスの開業実績、開業支援実績
  • FPサービスの開業実績、開業された医師の声
  • やおさか皮フ科クリニックを開業された八百坂 遵 医師
  • 元住吉くろさき呼吸器内科クリニックを開業された黒ア 裕一郎 医師
  • ますだ内科クリニックを開業された益田 公彦 医師
  • 寺田クリニックを開業された寺田茂則医師
  • もんなか泌尿器科を開業された五十嵐 敦医師
  • お茶の水甲状腺クリニックを開業された宇留野 隆医師
  • 	新宿南口レディースクリニックを開業された市田 知之医師
  • まえはら整形外科クリニックを開業された前原 秀二医師
  • 柏駅前内科・皮ふ科を開業された斉藤 翔伍医師
  • ひたちなかメンタルクリニックを開業された今分 涼子医師
  • すずきクリニックを開業された鈴木 洋輝医師
  • 西大島あたらし眼科を開業された新 卓也医師
  • 北戸田ナノ整形外科クリニックを開業された加藤 仲幸医師
  • 北綾瀬とうわクリニックを開業された大森 聡士医師
  • 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科を開業された岡林 大医師
  • 酒田駅前メンタルクリニックを開業された渋谷 直史医師
  • 新城女性のクリニックを開業された後藤 妙恵子医師
  • 江古田みずのクリニックを開業された水野 智之医師
  • 川田耳鼻咽喉科クリニックを開業された川田 和己医師
  • あおきウィメンズクリニックを開業された青木 陽子医師
  • 押上なりひら皮膚科・形成外科クリニックを開業された原島 要人医師
  • ふせき心療クリニックを開業された布施木 誠医師
  • 東京外科クリニックを開業された大橋 直樹医師
  • ふじた皮膚科クリニックを開業された藤田 歩医師
  • あさか心のクリニックを開業された中島 茂雄医師

他の医師の声を見る

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら