医院開業・クリニック開業を決意する前に
医院開業のよくある質問

医院開業をお考えの先生から、実際にご質問を頂戴した内容をQ&A形式でまとめました。

親族が開業費用を出してくれると言うのですが?
親族が開業費用を出してくれると言っています。
甘えてしまって良いのでしょうか?
贈与なのか貸付なのかで、それぞれ注意点があります。
医院開業資金を出してくれる場合、お金をくれるのか、貸してもらえるのかによって注意点が異なります。

開業資金をもらえる場合
医院開業資金を出してもらえるなら自己資金が多くなるのと同じですから、是非応援してもらってください。
ただ、贈与税は結構高いので一度に出してもらうとかなり高い贈与税を負担することとなります。たとえば1,000万円贈与してもらうと231万円の贈与税がかかります。
一度に出してもらうより、開業準備中に500万円、翌年に500万円と贈与してもらうと贈与税の総額は106万円で済みます。
贈与税計算の詳細はこちら
開業資金を借りる場合
医院開業資金を身内から借りる場合、贈与とみなされないように注意する必要があります。
金銭消費貸借契約書を作り、契約通り返済していく必要があります。 親族からの開業資金借入れの場合、元金をすぐに返済するということはないでしょうから、返済しない期間(据え置き期間と言います)は利息だけ毎月支払うようにするとよいでしょう。
借入れの契約書にも、返済しない期間(据え置き期間中)は金利だけ返済する旨明記しておくとよいでしょう。 また、公証役場で確定日付を取ることもおすすめです。

※公証役場
公証役場は公証人が執務するところです。それぞれの役場の名称については、地名の後に「公証役場」「公証人役場」というものが多いのですが、「公証人合同役場」「公証センター」などというものがあります。公証役場は、全国で約300か所あります。各地にあります個々の公証役場については、日本公証人連合会のホームページ「公証役場所在地一覧」をご覧ください。

※確定日付
確定日付とは、文字通り、変更のできない確定した日付のことであり、その日にその証書(文書)が存在していたことを証明するものです。公証役場で付与される確定日付とは、公証人が私書証書に日付のある印章(確定日付印)を押捺した場合のその日付をいいます。詳細は日本公証人連合会ホームページ「確定日付」をご覧ください。

医院開業セミナーの詳細はこちら

無料相談はこちら

その他のよくある質問はこちら
  • FPサービス代表 椎原正の著書「クリニック開業実践ガイダンス」重版決定
  • FPサービス株式会社大阪支社設立のご案内
  • FPサービスの開業実績、開業支援実績
  • FPサービスの開業実績、開業された医師の声
  • やおさか皮フ科クリニックを開業された八百坂 遵 医師
  • 元住吉くろさき呼吸器内科クリニックを開業された黒ア 裕一郎 医師
  • ますだ内科クリニックを開業された益田 公彦 医師
  • 寺田クリニックを開業された寺田茂則医師
  • もんなか泌尿器科を開業された五十嵐 敦医師
  • お茶の水甲状腺クリニックを開業された宇留野 隆医師
  • 	新宿南口レディースクリニックを開業された市田 知之医師
  • まえはら整形外科クリニックを開業された前原 秀二医師
  • 柏駅前内科・皮ふ科を開業された斉藤 翔伍医師
  • ひたちなかメンタルクリニックを開業された今分 涼子医師
  • すずきクリニックを開業された鈴木 洋輝医師
  • 西大島あたらし眼科を開業された新 卓也医師
  • 北戸田ナノ整形外科クリニックを開業された加藤 仲幸医師
  • 北綾瀬とうわクリニックを開業された大森 聡士医師
  • 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科を開業された岡林 大医師
  • 酒田駅前メンタルクリニックを開業された渋谷 直史医師
  • 新城女性のクリニックを開業された後藤 妙恵子医師
  • 江古田みずのクリニックを開業された水野 智之医師
  • 川田耳鼻咽喉科クリニックを開業された川田 和己医師
  • あおきウィメンズクリニックを開業された青木 陽子医師
  • 押上なりひら皮膚科・形成外科クリニックを開業された原島 要人医師
  • ふせき心療クリニックを開業された布施木 誠医師
  • 東京外科クリニックを開業された大橋 直樹医師
  • ふじた皮膚科クリニックを開業された藤田 歩医師
  • あさか心のクリニックを開業された中島 茂雄医師

他の医師の声を見る

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら