医院開業・クリニック開業を決意する前に
医院開業のよくある質問

医院開業をお考えの先生から、実際にご質問を頂戴した内容をQ&A形式でまとめました。

医院開業に必要な自己資金はいくらですか?
医院開業の際の自己資金はどれくらいの金額を準備しておけば良いですか?
また、銀行などの金融機関から融資は簡単に受けられますか?
出来ましたら運転資金を含めて開業資金の総額の2割程度の自己資金を持たれると負担が減ります。ただし、 自己資金が少ないからといって、開業できないわけではありません。
診療科目によっても異なりますが、一般的な内科のテナントの医院開業をお考えの場合、1,000万円以上の貯蓄がある事が望まれます。

2017年8月現在、医院開業用の資金調達(※開業用語集へ)は金利が非常に低く、数年前より融資を受けやすくなりました。市場に資金が余っているのに、銀行が融資できる企業が少なくなっているのが大きな理由です。

また、リース会社も税制の変更から融資先が減り、医院開業に資金を積極的に出している状況です。

その際、運転資金を含めて開業資金の総額2割程度の自己資金を持たれると負担が減ります。ただし、自己資金が少ないからといって、開業できないわけではありません。

開業資金が少ない場合は、以下の点を把握したうえで、無理のない事業計画書を策定し、理解することが大切です。
  • 『開業時の建物(内装費用)や医療機器の総額がどれくらいかかるのか。』
  • 『月々の返済額と月々の固定経費(人件費・家賃など)がいくらか。』
  • 『診療報酬の伸びがどれぐらい想定できるか』
現状、借入れは簡単になりましたが、返済は昔から楽ではありません。安心して返済ができる開業をなさることをお勧めいたします。

自己資金が少ない場合、借入れに対して不安がある場合、専門知識のある開業コンサルタントを活用されることをお勧めします。

開業資金・借入れについてご説明しております

医院開業の無料相談の詳細・お申込みはこちら

科目別開業資金・診療報酬と開業のポイント

診療科目別に、開業する上でのポイントを紹介しております。
必要な開業資金だけではなく、集患のポイントや診療報酬の目安についてもご説明させていただいております。
診療科目別の開業資金・診療報酬と開業のポイントはこちらからご覧ください

その他のよくある質問はこちら

  • FPサービス代表 椎原正の著書「クリニック開業実践ガイダンス」重版決定
  • FPサービス株式会社大阪支社設立のご案内
  • FPサービスの開業実績、開業支援実績
  • FPサービスの開業実績、開業された医師の声
  • ますだ内科クリニックを開業された益田 公彦 医師
  • 寺田クリニックを開業された寺田茂則医師
  • もんなか泌尿器科を開業された五十嵐 敦医師
  • お茶の水甲状腺クリニックを開業された宇留野 隆医師
  • 	新宿南口レディースクリニックを開業された市田 知之医師
  • まえはら整形外科クリニックを開業された前原 秀二医師
  • 柏駅前内科・皮ふ科を開業された斉藤 翔伍医師
  • ひたちなかメンタルクリニックを開業された今分 涼子医師
  • すずきクリニックを開業された鈴木 洋輝医師
  • 西大島あたらし眼科を開業された新 卓也医師
  • 北戸田ナノ整形外科クリニックを開業された加藤 仲幸医師
  • 北綾瀬とうわクリニックを開業された大森 聡士医師
  • 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科を開業された岡林 大医師
  • 酒田駅前メンタルクリニックを開業された渋谷 直史医師
  • 新城女性のクリニックを開業された後藤 妙恵子医師
  • 江古田みずのクリニックを開業された水野 智之医師
  • 川田耳鼻咽喉科クリニックを開業された川田 和己医師
  • あおきウィメンズクリニックを開業された青木 陽子医師
  • 押上なりひら皮膚科・形成外科クリニックを開業された原島 要人医師
  • ふせき心療クリニックを開業された布施木 誠医師
  • 東京外科クリニックを開業された大橋 直樹医師
  • ふじた皮膚科クリニックを開業された藤田 歩医師
  • あさか心のクリニックを開業された中島 茂雄医師

他の医師の声を見る

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら