医院の売却(医院の譲渡)ってどういうこと?

医院の受け手となる後継の医師には医院を経営しやすいように、今の患者さんには引き続き診療を受けやすいように配慮しながら、医院の経営を引き渡すことです。

売るものと売らないものを取り決めます

具体的には、何を売り、何を売らないかを決めて、契約して引き渡すということになります。

個人医院の場合、申告書に載っている事業用固定資産を受け手に売却して、建物や不動産の使用権利等を売却もしくは引き継がせ、患者さんの引き継ぎも行い、行政への手続きもきちんと行うことになります。

医療法人が開設している医院の場合には、法人格も含めて売却するのか、法人格は売らずに医院の設備のみ売却するか等によって、内容は変わります。

加えて、売却額をいくらに設定するのか、職員さんの雇用をどうするのか等、多くの検討事項があります。

ただ、いずれの場合においても、何を売って何を売らないかを決め、それと同時に想定外のことが起きたときにどうするのかを取り決めておき、それに従い買い手に「協力して医院の経営を引き渡していく」ということには変わりありません。

売却に関してお悩みの際には一度無料相談をご利用ください

何を売って、何を売らないのか、またそれらの売却額など、医院の売却でお悩みのことがございましたら、ぜひ弊社の無料相談を一度ご利用下さい。コンサルタントがお話をお聞きして、適切にアドバイスさせていただきます。

医院開業の無料相談の詳細・お申込みはこちら

  • FPサービス代表 椎原正の著書「クリニック開業実践ガイダンス」重版決定
  • FPサービス株式会社大阪支社設立のご案内
  • FPサービスの開業実績、開業支援実績
  • FPサービスの開業実績、開業された医師の声
  • ますだ内科クリニックを開業された益田 公彦 医師
  • 寺田クリニックを開業された寺田茂則医師
  • もんなか泌尿器科を開業された五十嵐 敦医師
  • お茶の水甲状腺クリニックを開業された宇留野 隆医師
  • 	新宿南口レディースクリニックを開業された市田 知之医師
  • まえはら整形外科クリニックを開業された前原 秀二医師
  • 柏駅前内科・皮ふ科を開業された斉藤 翔伍医師
  • ひたちなかメンタルクリニックを開業された今分 涼子医師
  • すずきクリニックを開業された鈴木 洋輝医師
  • 西大島あたらし眼科を開業された新 卓也医師
  • 北戸田ナノ整形外科クリニックを開業された加藤 仲幸医師
  • 北綾瀬とうわクリニックを開業された大森 聡士医師
  • 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科を開業された岡林 大医師
  • 酒田駅前メンタルクリニックを開業された渋谷 直史医師
  • 新城女性のクリニックを開業された後藤 妙恵子医師
  • 江古田みずのクリニックを開業された水野 智之医師
  • 川田耳鼻咽喉科クリニックを開業された川田 和己医師
  • あおきウィメンズクリニックを開業された青木 陽子医師
  • 押上なりひら皮膚科・形成外科クリニックを開業された原島 要人医師
  • ふせき心療クリニックを開業された布施木 誠医師
  • 東京外科クリニックを開業された大橋 直樹医師
  • ふじた皮膚科クリニックを開業された藤田 歩医師
  • あさか心のクリニックを開業された中島 茂雄医師

他の医師の声を見る

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら