在宅医療・内科開業セミナー(一般内科・消化器内科(胃腸内科)・呼吸器内科・循環器内科・内分泌・糖尿病内科・脳神経内科・小児科向け)

医院の売却(医院の譲渡)ってどういうこと?

医院の受け手となる後継の医師には医院を経営しやすいように、今の患者さんには引き続き診療を受けやすいように配慮しながら、医院の経営を引き渡すことです。

売るものと売らないものを取り決めます

具体的には、何を売り、何を売らないかを決めて、契約して引き渡すということになります。

個人医院の場合、申告書に載っている事業用固定資産を受け手に売却して、建物や不動産の使用権利等を売却もしくは引き継がせ、患者さんの引き継ぎも行い、行政への手続きもきちんと行うことになります。

医療法人が開設している医院の場合には、法人格も含めて売却するのか、法人格は売らずに医院の設備のみ売却するか等によって、内容は変わります。

加えて、売却額をいくらに設定するのか、職員さんの雇用をどうするのか等、多くの検討事項があります。

ただ、いずれの場合においても、何を売って何を売らないかを決め、それと同時に想定外のことが起きたときにどうするのかを取り決めておき、それに従い買い手に「協力して医院の経営を引き渡していく」ということには変わりありません。

売却に関してお悩みの際には一度無料相談をご利用ください

何を売って、何を売らないのか、またそれらの売却額など、医院の売却でお悩みのことがございましたら、ぜひ弊社の無料相談を一度ご利用下さい。コンサルタントがお話をお聞きして、適切にアドバイスさせていただきます。

医院開業の無料相談の詳細・お申込みはこちら

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら