高く売れるのはどんな医院

自院の売却を検討したとき、いくらで売れるのか、どのような場合に値段が上がるのか。
当然ですが、評判の医院ほど高く売れます。

二つのケースを比較してみましょう。

診療を元気に継続して、数字と利益がきちんと出ているケース

売上が高く、経験のあるスタッフもきちんと揃い、診療をばりばり行っている状態ですと、買い手にとって以下のようなメリットが大きくなります。

  • 患者様の実際引継ぎ数が多く見込まれるので、運転資金の借入れが少なくて済み、設備資金も借入れやすい。
  • 地域において、すでに十分周知されている。
    このような場合、事業の価値が大きくなるので、営業権の値段(のれん代)を設定しやすくなります。

診療を休止しがち、若しくは診察日が減少しているケース

買い手側からすると「成熟期」のクリニックに比べ売上見込みが低くなるため、内装装や医療機器など残存資産の価格が値段の基本になります。営業権に値段がつくことは期待できません。
しかし、テナントや戸建て開業で原状復帰返還などの約束がある場合には、値段がつかなくとも、原状回復等の義務を次の医師が引き受けてくれることに価値を見いだせることもあります。

先生方それぞれの価値観やこれからの計画はそれぞれ違っていらっしゃるはずです。
ただ、医院が元気なうちの売却は値段が付きやすくなります。
不本意な売却もしくは閉院とならないように、ある程度時間に余裕をもって(できれば2年以上、理想的には5年程度)検討されることをお勧めいたします。

弊社の無料相談をご利用ください

先生の医院がどのくらいの価値になるのか、また希望に沿うような売却をするための準備など、疑問やお悩みがございましたら、ぜひ一度弊社の無料相談をご利用ください。

医院開業の無料相談の詳細・お申込みはこちら

  • FPサービス代表 椎原正の著書「クリニック開業実践ガイダンス」重版決定
  • FPサービス株式会社大阪支社設立のご案内
  • FPサービスの開業実績、開業支援実績
  • FPサービスの開業実績、開業された医師の声
  • ますだ内科クリニックを開業された益田 公彦 医師
  • 寺田クリニックを開業された寺田茂則医師
  • もんなか泌尿器科を開業された五十嵐 敦医師
  • お茶の水甲状腺クリニックを開業された宇留野 隆医師
  • 	新宿南口レディースクリニックを開業された市田 知之医師
  • まえはら整形外科クリニックを開業された前原 秀二医師
  • 柏駅前内科・皮ふ科を開業された斉藤 翔伍医師
  • ひたちなかメンタルクリニックを開業された今分 涼子医師
  • すずきクリニックを開業された鈴木 洋輝医師
  • 西大島あたらし眼科を開業された新 卓也医師
  • 北戸田ナノ整形外科クリニックを開業された加藤 仲幸医師
  • 北綾瀬とうわクリニックを開業された大森 聡士医師
  • 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科を開業された岡林 大医師
  • 酒田駅前メンタルクリニックを開業された渋谷 直史医師
  • 新城女性のクリニックを開業された後藤 妙恵子医師
  • 江古田みずのクリニックを開業された水野 智之医師
  • 川田耳鼻咽喉科クリニックを開業された川田 和己医師
  • あおきウィメンズクリニックを開業された青木 陽子医師
  • 押上なりひら皮膚科・形成外科クリニックを開業された原島 要人医師
  • ふせき心療クリニックを開業された布施木 誠医師
  • 東京外科クリニックを開業された大橋 直樹医師
  • ふじた皮膚科クリニックを開業された藤田 歩医師
  • あさか心のクリニックを開業された中島 茂雄医師

他の医師の声を見る

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら