医院開業・クリニック開業を決意する前に
医院開業のよくある質問

医院開業をお考えの先生から、実際にご質問を頂戴した内容をQ&A形式でまとめました。

配偶者が医院開業に対して不安を抱いています。
配偶者が医院を開業すること対して不安を抱いています。
不安をやわらげるために良い方法はありませんか?
まずは、先生のお気持ちと考えを配偶者にお話してください。
まずは、先生のお気持ちと考えを配偶者にお話することが何よりも大切です。
開業には、多額の資金が必要となるため、配偶者が不安になられるのも当然です。

医局制度の崩壊、将来の見えない先生ご自身の不安、過酷な労働体制などベースになる情報もきちんと聞いてもらいましょう。現状のままではより不安であることはご理解いただけると思います。
しかし、開業にはリスクも伴います。そのため、開業してリスクを冒すよりはとりあえず現状のままでいてほしいと願われる配偶者も多いと思います。

ただ、すべての開業が危険というわけではなく、かえって現状のまま流されるうちに開業のチャンスを逸してしまうリスクも大きいことを知ってもらう必要があります。その開業に成功の見込みがある事をエビデンスを基に専門家に説明してもらうのも方法です。
開業がうまくいっても、奥様にとっては、医師の怪我や万が一の場合の借金をどのようにするのか不安は多いと思います。医院開業に詳しい、ファイナンシャル・プランナー(FP)にそのような場合の保証の作り方などについて説明をしてもらうことも必要です。

医院開業はご家族や親族の同意が非常に重要です。
十分な同意を得ないまま準備をすすめた結果、開業時はもちろん、開業後にも経営に影響が出る事例を見かけます。開業後に仕事をお手伝いいただく必要は無いのですが、ご理解は頂かないと家庭内に不安が募ります。
金融情勢が厳しくなる中、銀行借入(※開業用語集へ)や不動産の賃貸借契約やリース契約時、奥様に連帯保証人になっていただくケースがあります。
奥様だけでなく、場合によってはご両親に対しても十分な説明を行い、ご納得いただくことが必要となる場合もございます。

医院開業セミナーの詳細はこちら

無料相談はこちら

その他のよくある質問はこちら
  • FPサービス代表 椎原正の著書「クリニック開業実践ガイダンス」重版決定
  • FPサービス株式会社大阪支社設立のご案内
  • FPサービスの開業実績、開業支援実績
  • FPサービスの開業実績、開業された医師の声
  • やおさか皮フ科クリニックを開業された八百坂 遵 医師
  • 元住吉くろさき呼吸器内科クリニックを開業された黒ア 裕一郎 医師
  • ますだ内科クリニックを開業された益田 公彦 医師
  • 寺田クリニックを開業された寺田茂則医師
  • もんなか泌尿器科を開業された五十嵐 敦医師
  • お茶の水甲状腺クリニックを開業された宇留野 隆医師
  • 	新宿南口レディースクリニックを開業された市田 知之医師
  • まえはら整形外科クリニックを開業された前原 秀二医師
  • 柏駅前内科・皮ふ科を開業された斉藤 翔伍医師
  • ひたちなかメンタルクリニックを開業された今分 涼子医師
  • すずきクリニックを開業された鈴木 洋輝医師
  • 西大島あたらし眼科を開業された新 卓也医師
  • 北戸田ナノ整形外科クリニックを開業された加藤 仲幸医師
  • 北綾瀬とうわクリニックを開業された大森 聡士医師
  • 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科を開業された岡林 大医師
  • 酒田駅前メンタルクリニックを開業された渋谷 直史医師
  • 新城女性のクリニックを開業された後藤 妙恵子医師
  • 江古田みずのクリニックを開業された水野 智之医師
  • 川田耳鼻咽喉科クリニックを開業された川田 和己医師
  • あおきウィメンズクリニックを開業された青木 陽子医師
  • 押上なりひら皮膚科・形成外科クリニックを開業された原島 要人医師
  • ふせき心療クリニックを開業された布施木 誠医師
  • 東京外科クリニックを開業された大橋 直樹医師
  • ふじた皮膚科クリニックを開業された藤田 歩医師
  • あさか心のクリニックを開業された中島 茂雄医師

他の医師の声を見る

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら