医院開業セミナー 戦略的開業

医院の売り手側の流れ

事業譲渡側の具体的な流れは下記となります。

※下記は個人医院を個人、若しくは法人へ売却する流れです。個人医院を法人へ売却する場合、法人医院を法人へ売却する場合で具体的な流れ、手続き、申請細部は変わります。

@事前相談

ご連絡いただきご相談、現状確認、希望時期等

秘密保持契約締結

売却希望をされているということやその情報を他にもらさないという契約で、医院の売却では通常結ぶものです。決算書等の経営情報に触れる場合は必ず結ばせていただきます。

初期条件聞取り

決算情報を含む医院情報をいただいた上で、具体的な希望や時期の最初の聞取りを行 います。

Cコンサルティング契約締結

FPサービスとの契約締結

D買い手候補選定

医院情報分析の上で開業希望の先生/購入候補となる見込み医師に特定できない範 囲情報(ノンネーム)で提案

E初期交渉

見込みがある場合、購入希望の先生とも秘密保持契約を結び、契約項目(売買価 格その対象範囲、時期、職員さんを引き続き雇用するか等。)とその内容整理。

E基本合意契約締結

基本項目や譲り手と受け手がお互いに売却、購入を希望していることの確認、定めた 期間の間は他と交渉しない、価格の確定の仕方や、費用負担、次に行うことになるデ ューデリジェンス(査定)への協力義務の定め等お互いに定めます。

Fデユーデリジェンス(査定)

帳簿外の負債(未払い給与、賞与引当金、退職金引当金など法令や労働契約や就業規則があればそれに見合う金額)を算定し、修繕費用、廃棄費用(使わない医療機器の廃棄と手続き費用)等も算定します。のれん代(営業権)から費用を引いた査定金額を算定するための調査をします。

G最終条件交渉

最終条件取決め

H医院譲渡契約締結

最終契約締結して一部手付金受取り
診療録の管理についての取り決め同時締結。
売り手側の先生は競業避止義務設定、 売り手側の先生が大家さんとなり買い手側の先生が賃借の場合は定期契約として 短期解約での近隣移転を防止、他必要取決め

I患者様引継ぎ

対象医院に受け手の先生が非常勤(常勤)で入り患者さんの引き継ぎを行う。

J医院の売買実行

(1)法人の場合は社員、理事長・理事の全入れ替え)と同時に、
院長先生の交代を保健所、厚生局、他行政(税務署、社会保険事務所)へ
→売買代金残額の受取り

(2)個人の場合は旧医院の廃止、新医院の開設を保健所、厚生局、
他行政(税務署、社会保険事務所)へ
→譲渡代金残額の受取り

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

セミナーのご案内はこちら

無料相談お申込みはこちら

資料のご請求はこちら