手続きだけじゃない!経営を見据えた開業を
クリニック開業手順

2.開業場所の選定


※スケジュール表はあくまでも目安です。
    開業される地域や科目によって変更になる場合があります。


医院を開業するにあたり、場所の選定は重要です。診療圏調査や競合するであろうクリニックの状況・診療科目の特性を考慮した上で、慎重に選ぶ必要があります。

2-1.診療圏調査・医院開業物件の確定

いかに近くに競合するクリニックが少ないとしても、地元の人が行きにくい場所があります。
たとえば、川があって遠回りをしないとたどり着けない場所や、古くからの鉄道(高架線になっていて線路が交通の障害にならないものは除く)と大きな国道に挟まれて、近隣に住民が少ない場所などです。

診療圏調査の数字は必ずしも当てになりません

それは、個々のドクターの評判の取り方によって、必ずしも統計数値の通りの患者様が来ない場合もあるからです。

診療圏調査も無料のものから300万円ぐらいまで、調査を依頼する先によっても違います。
値段が高いからといって正確なものとは限りません。もちろん無料のものは、地域別年齢別人口統計に受診率(人口10万人当たりの1日当たり推計患者数)をかけて計算します。

受診率は、厚生労働省が3年に一度行う「患者調査」の結果をもとに、傷病別、性別、年齢別などに計算されています。そこから求められる患者数をライバルのクリニックで割ったものという単純なものです。


診療圏調査で抑えるべきポイントは
「競合になるであろうクリニックの実態」です

診療圏調査の数字だけで判断するのではなく、自分の強みと競合になるであろうクリニックの状況を見て口コミを取るため(※まずは患者様にきていただくためにへ)の戦略を立てていくことをお勧めします。
このことを徹底的に行った結果、診療圏調査の3倍以上の患者様を集められるドクターもいらっしゃいます。


現地を自分の目で確かめることも大切です

また、実際に現地へ足を運び、自分の目でその土地の地域性・競合になるであろうクリニックの状況を綿密に確認することも大切です。
そうすれば、診療圏調査は無料のものを使っても、ある程度の患者様の外来数は予想できます。


HOMEに戻る
開業手順一覧ページに戻る

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら