呼吸器内科の開業資金・自己資金・年収

検索の重要なキーワードは「息切れ」と「喘息」

「息切れ」と「喘息」が重要キーワードです。呼吸器内科の診療領域ははるかに広いのですが、患者さんが呼吸器内科を検索する際の重要キーワードはこの2つです。

「サルコイドーシス」の検索をする患者さんはごくわずか。「息切れ」の検索で来院された患者さんの病変が循環器であることもあります。

その様な事を想定して、診診連携や病診連携を行い、他院を紹介することで評価が上がることがあります。

呼吸器内科専門医のサイトをご覧になってください。詳しく書けばいいというものではありません。

患者さん目線に立って、患者さんがどのような主訴や病名を検索するのか、自院のサイトのアクセス解析をすることが重要になります。

新型コロナウイルス感染症の対策について

現状では、「発熱外来」の時間帯を分けて設けることも検討いただきたいと思います。

また、自費のPCR検査は、都市部で高いニーズがあります。

唾液によるPCR検査を行っている診療所の患者さんが減る状況は弊社クライアントでは統計的に確認できません。

新型コロナウイルスの患者さんが来るかもしれない診療所の受診を控えるというよりは、スクリーニングを十分に行っていないと患者さんが感じる診療所の受診控えの方が多い統計結果になっています。

都市部では、仕事の都合でPCR検査「Negative」の診断書を求めるビジネスマンが一定数います。

Withコロナの時代、その戦略をキチンと描くことが今まで以上に勝敗を分ける状況になっています。

漠然とした開業をして、医薬品卸や調剤薬局の犠牲になる開業は避けることができます。

開業戦略の重要性

開業は、ご自身の「ライフプラン」と「ファイナンシャルプラン」に裏付けられた「開業戦略」無くして成功することが難しくなっています。

医師余剰時代が2028年に到来すると厚生労働省の医師需給分科会資料でも明示されています。

呼吸器内科で取得する施設基準

開業のコンセプトによって必要、不要なものがございます。

かかりつけ医機能の評価

がん治療関連

禁煙外来

呼吸器疾患

開業ラッシュが来る前にご検討ください

ライバルが少なく、患者さんが多い今こそ呼吸器内科の専門医(呼吸器外科の専門医)の先生方にとって、大チャンスです。

コロナ禍が一段落したら開業しようかと言っても良い診療科は、精神科、糖尿病内科(内分泌内科)、透析クリニック、整形外科、脳神経外科、神経内科ぐらいでしょうか。

産婦人科でも妊婦さんの新型コロナ感染防止の相談にのれるクリニックは患者さんが遠方より押し寄せてきます。

小児科は、郊外型のクリニックで患者さんが激増するクリニックと減少しているクリニックに綺麗に分かれています。

個別の診療科目についてはそれぞれの診療科目トピックをご参照ください。

今、チャレンジしなければ、コロナ禍が一段落する頃に、様子を見ていた呼吸器内科の専門医の開業ラッシュの激戦となることは間違いありません。

医院開業の無料相談の詳細・お申込みはこちら

<決定版>クリニック開業ガイダンスの重版決定

弊社代表の著書「<決定版>クリニック開業ガイダンス」は、2023年2月8日に発売いたしましたところ、おかげさまで重版が決定いたしました。

書籍の詳細ページはこちらからご覧ください

FPサービスで呼吸器内科クリニックを開業された先生の声

ますだ内科クリニック 益田 公彦 先生

ますだ内科クリニック
院長 益田 公彦 先生
(2021年東京都西東京市にて医院開業)

私がクリニック開業について考え始めたとき、まず一冊の本に辿り着きました。それがFPサービスの椎原代表の本でした。...続きを読む

医院開業セミナーの詳細はこちら

無料相談はこちら

マンガでわかる危険な開業

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら