在宅医療・内科開業セミナー(一般内科・消化器内科(胃腸内科)・呼吸器内科・循環器内科・内分泌・糖尿病内科・脳神経内科・小児科向け)

外科の開業資金・自己資金・収入

外科クリニックの開業資金と平均診療報酬の目安をご紹介します。

常に新患を取り続けるための広告・ホームページ戦略

外科系の場合、他の診療科目に比べ、患者が継続的に来院することは見込めません。そのため、常に新規患者に来院してもらうための広告戦略、特にホームページでの戦略が開院後のクリニック運営を左右します。

まずは弊社の無料相談をご利用ください

外科メインでの開業は、専門性が高くなければ厳しい状況です。しかし、競合に打ち勝てるという強みがある場合、それにあわせた広告、ホームページ、ネットの戦略を打ち出しましょう。まずはお話をお聞きし、適切なアドバイスをいたしますので、無料相談にお越ください。そのほか不明な点や疑問がございましたら、コンサルタントがお答えさせていただきます。

医院開業の無料相談の詳細・お申込みはこちら

外科クリニックの開業資金

土地、建物 約3,000万〜
設備 約1,500万円
電子カルテ、レジスター、コピー複合機(家庭用)、診察用ベッド、X線撮影装置、DICOM(ダイコム)画像を見られる高精細モニターとPACS、顕微鏡、手術台、無影灯 など

自己資金がなくても開業はできます!

上記の開業資金は先生が全額自己資金として用意するものではございません。
開業は自己資金0でも可能な場合がございます。
詳しくは、開業に関するよくある質問Q&A「自己資金はどれぐらい準備する?」をご覧ください。

外科の1ヶ月あたりの収支

※1ヶ月あたりの収支は、厚生労働省 中央社会保険医療協議会による
「第19回医療経済実態調査(医療機関等調査)報告 −平成25年実施−」のデータを参考にしています。

個人クリニック

収益
診療報酬 約892万円
介護収益 約3万円
経費
人件費  ※院長の収入は含みません 約215万円
医薬品費 約174万円
その他 約287万円
外科の1ヶ月あたりの収入(収益 - 経費)= 約220万円

医療法人

収益
診療報酬 約1,511万円
介護収益 約87万円
経費
人件費    ※院長の収入も含みます 約757万円
医薬品費 約269万円
その他 約539万円
税引後の外科の1ヶ月あたりの収入(収益 - 経費)= 約33万円
理事長先生と理事(奥様や成人したお子様)の報酬を引いた、残りの医療法人の収入です。

HOMEに戻る
科目一覧ページに戻る


医院開業セミナーの詳細はこちら

無料相談はこちら

マンガでわかる危険な開業

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら