開業コンサルタントが医院開業のポイントを解説 医院開業セミナー

循環器内科の開業資金・自己資金・収入

循環器内科クリニックの開業のポイントです。

循環器内科は患者様にとってイメージしにくい

患者様にとって、神経内科の次にわかりにくいのが循環器内科です。
そのため循環器内科の集患のポイントとしては、何を診てくれるのか分からないのが患者様だと思って対策を打てば、間違いなく評判が取れます。

そもそも、一応ライバルの普通の内科(場合によっては専門は外科)の先生方との違いは、診療をすればすぐ感じてもらえるはずです。
問題は、適切な患者様に、どうやって先生の目の前のクランケ椅子に座ってもらうかです。

患者様がわかる言葉を使い、ホームページ作りをしましょう

ほとんどの科目の場合、口コミが一番なのはご存じのとおりです。
「よし、ホームページを作って知らせればいいんだ!」は、間違ってはいませんが、重要なのは“患者様にとってわかりやすい言葉”を使ったホームページです。

例えば「ホルター心電計・心エコー・心電計など完備」と書いても、意味の分かる人は人口の1%以下ではないでしょうか?普通の人が「ホルター心電計」と検索するでしょうか?
患者様にとってわかりやすくするのには、例えば「足のむくみ」などのキーワードを盛り込むほうがよいでしょう。

患者さん目線を知るプロに依頼しましょう

ホームページは専門の業者さんに頼んでも、患者様がどのように検索するのかを熟知していなければ役に立ちません。
先生の専門領域で困っている患者様はいっぱいいます。
もっと言えば、メタボや脂質代謝異常だったら、心筋梗塞が起こる前に先生の前に座ってもらえるようなサイト作りをしてください。FPサービスは、クリニックのためのサイト作りも行っています。

まずは弊社の無料相談をご利用ください

どのようなホームページで患者正を集めればいいか、広告における戦略など、詳しくは弊社の無料相談をご利用ください。そのほか不明な点や疑問がございましたら、コンサルタントがお答えさせていただきます。

医院開業の無料相談の詳細・お申込みはこちら

HOMEに戻る
科目一覧ページに戻る
内科のページに戻る


医院開業セミナーの詳細はこちら

無料相談はこちら

マンガでわかる危険な開業

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら