医院開業・クリニック開業はゴールじゃない!
医院開業はスタート地点

開業後、スタッフ問題が一番の悩みとなります

開業した後の一番の悩みはスタッフ問題(※人員計画の策定へ)となるはずです。

患者様が十分に来るようになってもスタッフ問題は付いて回ります。
クリニックにおいて、スタッフに定着してもらえることは理想ですが、ある程度の入れ替わりがあることも必要です。そうでなければ、院長とともにクリニック全体が高齢化していきます。

看護師不足の今日、スタッフの退職は頭の痛い問題です。
出産、配偶者の転勤など避けられない退職もあります。定着してくれる気持ちがあっても、期待通りに働いてくれないスタッフを採用してしまうこともあります。

病院勤務時代から知っている看護師を採用した結果、看護師と他のスタッフとの人間関係の調整役を行った事例もあります。
看護師としての力量はあるけれど、事務スタッフや他の看護師と協調性を持って医院経営に当たってくれるかは、第三者の目を借りることもお勧めしたいところです。

スタッフが退職してしまうこととなったら、広告を出し、応募書類を整理し、面接日を設定し面接時間の調整をしなければなりません。開業した後は、開業コンサルタントはいないのが普通ですから、院長自らこれらの事に取り組まなければなりません。

広告の出し方によっても、スタッフの応募は質も数も大幅に違います。
募集時には自院のホームページにもスタッフ募集広告を出すのは当たり前です。

開業後の経営サポートの一番のニーズはスタッフ問題です。
FPサービスはスタッフ教育やマニュアル作りでも数多くの実績を持っています。
詳細はスタッフ採用のページをご覧ください。


医院開業セミナーの詳細はこちら

無料相談はこちら






  • FPサービス代表 椎原正の著書「クリニック開業実践ガイダンス」重版決定
  • FPサービス株式会社大阪支社設立のご案内
  • FPサービスの開業実績、開業支援実績
  • FPサービスの開業実績、開業された医師の声
  • ますだ内科クリニックを開業された益田 公彦 医師
  • 寺田クリニックを開業された寺田茂則医師
  • もんなか泌尿器科を開業された五十嵐 敦医師
  • お茶の水甲状腺クリニックを開業された宇留野 隆医師
  • 	新宿南口レディースクリニックを開業された市田 知之医師
  • まえはら整形外科クリニックを開業された前原 秀二医師
  • 柏駅前内科・皮ふ科を開業された斉藤 翔伍医師
  • ひたちなかメンタルクリニックを開業された今分 涼子医師
  • すずきクリニックを開業された鈴木 洋輝医師
  • 西大島あたらし眼科を開業された新 卓也医師
  • 北戸田ナノ整形外科クリニックを開業された加藤 仲幸医師
  • 北綾瀬とうわクリニックを開業された大森 聡士医師
  • 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科を開業された岡林 大医師
  • 酒田駅前メンタルクリニックを開業された渋谷 直史医師
  • 新城女性のクリニックを開業された後藤 妙恵子医師
  • 江古田みずのクリニックを開業された水野 智之医師
  • 川田耳鼻咽喉科クリニックを開業された川田 和己医師
  • あおきウィメンズクリニックを開業された青木 陽子医師
  • 押上なりひら皮膚科・形成外科クリニックを開業された原島 要人医師
  • ふせき心療クリニックを開業された布施木 誠医師
  • 東京外科クリニックを開業された大橋 直樹医師
  • ふじた皮膚科クリニックを開業された藤田 歩医師
  • あさか心のクリニックを開業された中島 茂雄医師

他の医師の声を見る

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら