手続きだけじゃない!経営を見据えた開業を
クリニック開業手順

7-1.人員計画の策定


※スケジュール表はあくまでも目安です。
    開業される地域や科目によって変更になる場合があります。


当初の事業計画を策定した際に、看護師、看護助手、医療事務などの人数と賃金については概要を決めているはずです。
ここでは近隣の医療機関様の賃金情報を詳細に調べ、引けを取らない形で賃金水準を決定していきます。

賃金には差があるので、どのゾーンを狙うかが大きなポイントとなります。
給与を低めに設定すれば、応募者数も少なくなり、それなりの人しか採用できないことはほぼ決定してしまいます。
運良く素晴らしい人材を採用できることもあるかもしれませんが、開業後にスタッフ問題が起きないようにするためにも、おすすめはできません。

開業後の一番の悩みは、スタッフの問題(※スタッフ問題が一番の悩みへ)です。
ご勤務されていた際は、診療に神経を注ぎ、患者様だけに集中していれば良かったですが、開業後は経営者として、スタッフにも気を遣わなければなりません。
ただ怒鳴り散らしていたら、スタッフはどんどん辞めてしまうし、そうすると残っているスタッフのモチベーションも下がってしまいます。

ドクターが朝クリニックに来たら、受付事務が来ていない。
電話をしたら2人揃って「辞めさせてください。」

実際にあった話です。
そうならないためには、適切な賃金の設定を始め、スタッフの不満を抑えるような工夫し、優秀なスタッフを採用できるようにしましょう。
優秀な人を採用するためには、賃金を高めに設定するのがコツです。
高めに設定したからといって優秀な人が応募してくれるとも限りません。
しかし、低めに設定するよりは、はるかにいい人材に恵まれる可能性があります。
必要以上に高くする必要はありません。

賃金は、本当に地域格差が大きいので、コンサルタントを活用したほうが良いでしょう。

開業手順一覧ページに戻る


医院開業セミナーの詳細はこちら

無料相談はこちら

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら