補聴器適合検査

補聴器適合検査とは

現在の日本では、高齢化が進んでいます。また、国としても「健康寿命」を伸ばす取り組みが行われています。

日本での補聴器の普及率は欧米諸国と比べて低水準ですが、補聴器の出荷台数を見てみると、今後は徐々に増えていくと考えてよいでしょう。

補聴器適合検査は、医療機関で補聴器の適応有無や調整を目的として検査を行った場合に算定できる診療報酬です。

対象患者

なし

算定要件

  • 聴力像に対し電気音響的に適応と思われる補聴器を選択の上、音場での補聴器装着実耳検査を実施した場合に算定する。

点数

  • 1回目:1,300点(月2回に限る)
  • 2回目以降 700点(月2回に限る)
    ※植込型骨導補聴器の植え込み及び接合子付骨導端子又は骨導端子を交換した後、補聴器適合検査を実施した場合は、「2回目以降(700点)」を算定する

届出要件

  • 耳鼻咽喉科を標榜している保険医療機関であること
  • 厚生労働省主催補聴器適合判定医師研修会を修了した耳鼻咽喉科を担当する常勤の医師が1名以上配置されていること
  • 当該検査を行うために必要な次に掲げる装置・器具を常時備えていること。
    @ 音場での補聴器装着実耳検査に必要な機器並びに装置(スピーカー法による聴覚検査が可能なオージオメータ等)
    A 騒音・環境音・雑音などの検査用音源又は発生装置
    B 補聴器周波数特性測定装置

関連する科目

開業・経営におけるポイント

補聴器適合検査を算定するためには、補聴器適合判定医師研修会の受講が必要です。

また、備えるべき医療機器も施設基準の要件となっていますので、機器選定の際には漏れがないよう注意しましょう。

補聴器外来を行う場合、補聴器専門店や補聴器技能者との連携が必要となります。

診療所によっては専用のカウンセリングルーム等を設けている場合もあるので、設計の段階で補聴器外来の流れをイメージしておくとよいでしょう。

  • FPサービス代表 椎原正の著書「クリニック開業実践ガイダンス」重版決定
  • FPサービス株式会社大阪支社設立のご案内
  • FPサービスの開業実績、開業支援実績
  • FPサービスの開業実績、開業された医師の声
  • ますだ内科クリニックを開業された益田 公彦 医師
  • 寺田クリニックを開業された寺田茂則医師
  • もんなか泌尿器科を開業された五十嵐 敦医師
  • お茶の水甲状腺クリニックを開業された宇留野 隆医師
  • 	新宿南口レディースクリニックを開業された市田 知之医師
  • まえはら整形外科クリニックを開業された前原 秀二医師
  • 柏駅前内科・皮ふ科を開業された斉藤 翔伍医師
  • ひたちなかメンタルクリニックを開業された今分 涼子医師
  • すずきクリニックを開業された鈴木 洋輝医師
  • 西大島あたらし眼科を開業された新 卓也医師
  • 北戸田ナノ整形外科クリニックを開業された加藤 仲幸医師
  • 北綾瀬とうわクリニックを開業された大森 聡士医師
  • 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科を開業された岡林 大医師
  • 酒田駅前メンタルクリニックを開業された渋谷 直史医師
  • 新城女性のクリニックを開業された後藤 妙恵子医師
  • 江古田みずのクリニックを開業された水野 智之医師
  • 川田耳鼻咽喉科クリニックを開業された川田 和己医師
  • あおきウィメンズクリニックを開業された青木 陽子医師
  • 押上なりひら皮膚科・形成外科クリニックを開業された原島 要人医師
  • ふせき心療クリニックを開業された布施木 誠医師
  • 東京外科クリニックを開業された大橋 直樹医師
  • ふじた皮膚科クリニックを開業された藤田 歩医師
  • あさか心のクリニックを開業された中島 茂雄医師

他の医師の声を見る

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら