情報通信機器を用いた場合の初診料及び再診料

ビデオ通話等、情報通信機器を使用して初診又は再診を行った場合の診療報酬です。

【点数】

  • 初診料(情報通信機器を用いた場合):251点
  • 再診料(情報通信機器を用いた場合):73点

【対象患者】

  • 情報通信機器を用いて初診又は再診を行った患者

【算定要件】

  • 厚生労働省「オンライン診療の適切な実施に関する指針」(以下「オンライン指針」 という。)に沿って情報通信機器を用いた診療を行った場合に算定する。なお、この場合において、診療内容、診療日及び診療時間等の要点を診療録に記載すること。
  • 情報通信機器を用いた診療は、原則として、保険医療機関に所属する保険医が保険医療機関内で実施すること。なお、保険医療機関外で情報通信機器を用いた診療を実施する場合であっても、オンライン指針に沿った適切な診療が行われるものであり、情報通信機器を用いた診療を実施した場所については、事後的に確認可能な場所であること。
  • 情報通信機器を用いた診療を行う保険医療機関について、患者の急変時等の緊急時には、原則として、当該保険医療機関が必要な対応を行うこと。ただし、夜間や休日など、当該保険医療機関がやむを得ず対応できない場合については、患者が速やかに受診できる医療機関において対面診療を行えるよう、事前に受診可能な医療機関を患者に説明した上で、以下の内容について、診療録に記載しておくこと。
    (イ)当該患者に「かかりつけの医師」がいる場合には、当該医師が所属する医療機関名
    (ロ)当該患者に「かかりつけの医師」がいない場合には、対面診療により診療できない理由、適切な医療機関としての紹介先の医療機関名、紹介方法及び患者の同意
  • オンライン指針において、「対面診療を適切に組み合わせて行うことが求められる」 とされていることから、保険医療機関においては、対面診療を提供できる体制を有すること。また、「オンライン診療を行った医師自身では対応困難な疾患・病態の患者や緊急性がある場合については、オンライン診療を行った医師がより適切な医療機関に自ら連絡して紹介することが求められる」とされていることから、患者の状況によって対応することが困難な場合には、ほかの医療機関と連携して対応できる体制を有すること。
  • 情報通信機器を用いた診療を行う際には、オンライン指針に沿って診療を行い、オンライン指針において示されている一般社団法人日本医学会連合が作成した「オンライン診療の初診に適さない症状」等を踏まえ、当該診療がオンライン指針に沿った適切な診療であることを診療録及び診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。また、処方を行う際には、オンライン指針に沿って処方を行い、一般社団法人日本医学会連合が作成した 「オンライン診療の初診での投与について十分な検討が必要な薬剤」等の関係学会が定める診療ガイドラインを踏まえ、当該処方がオンライン指針に沿った適切な処方であることを診療録及び診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。
  • 情報通信機器を用いた診療を行う際は、予約に基づく診察による特別の料金の徴収はできない。
  • 情報通信機器を用いた診療を行う際の情報通信機器の運用に要する費用については、 療養の給付と直接関係ないサービス等の費用として別途徴収できる。

関連する科目

開業・経営におけるポイント

令和4年度の診療報酬改定にて、「オンライン診療料」が廃止され、「初診料(情報通信機器を用いた場合)」及び「再診料(情報通信機器を用いた場合)」が新設されました。

「オンライン診療料」の場合は対象となる疾患が限られており、直近3ヶ月の間に対面診療を毎月行った患者に対してのみオンライン診療料を算定することができましたが、令和4年度の診療報酬改定により、施設基準の届出を行うことで、どのような疾患でも初診からオンライン診療が可能となりました。

特例的・時限的な対応である「新型コロナウイルス感染症流行下における電話等を用いた診療」も継続しているため、算定時には注意するようにしましょう。

※参考【新型コロナウイルス感染症流行下における電話等を用いた診療】

「オンライン診療料」は対象となる疾患が決まっており、基本的には慢性疾患の患者に対してのみ算定が可能です。

しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により、特例として診療科目を問わず初診・再診でのオンライン診療が可能となりました。

勘違いしやすい部分ですが、この場合「オンライン診療料」は算定できません。

「オンライン診療料」の対象となる患者さん以外をビデオ通話等の情報通信機器を用いて診療した場合には、「初診料」や「電話等再診料」を算定します。

電話等を用いた診療における算定例は、下記の通りとなります。

 
  • 初診時:初診料(214点)+処方箋料(68点)
  • 再診時:再診料(73点)+明細書発行体制加算(1点)+処方箋料(68点)

※1 医学管理料が算定可能な場合は、上記点数に147点が加算されます。
※2 科目によって算定内容は異なる場合があります。

  • FPサービス代表 椎原正の著書「クリニック開業実践ガイダンス」重版決定
  • FPサービス株式会社大阪支社設立のご案内
  • FPサービスの開業実績、開業支援実績
  • FPサービスの開業実績、開業された医師の声
  • やおさか皮フ科クリニックを開業された八百坂 遵 医師
  • 元住吉くろさき呼吸器内科クリニックを開業された黒ア 裕一郎 医師
  • ますだ内科クリニックを開業された益田 公彦 医師
  • 寺田クリニックを開業された寺田茂則医師
  • もんなか泌尿器科を開業された五十嵐 敦医師
  • お茶の水甲状腺クリニックを開業された宇留野 隆医師
  • 	新宿南口レディースクリニックを開業された市田 知之医師
  • まえはら整形外科クリニックを開業された前原 秀二医師
  • 柏駅前内科・皮ふ科を開業された斉藤 翔伍医師
  • ひたちなかメンタルクリニックを開業された今分 涼子医師
  • すずきクリニックを開業された鈴木 洋輝医師
  • 西大島あたらし眼科を開業された新 卓也医師
  • 北戸田ナノ整形外科クリニックを開業された加藤 仲幸医師
  • 北綾瀬とうわクリニックを開業された大森 聡士医師
  • 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科を開業された岡林 大医師
  • 酒田駅前メンタルクリニックを開業された渋谷 直史医師
  • 新城女性のクリニックを開業された後藤 妙恵子医師
  • 江古田みずのクリニックを開業された水野 智之医師
  • 川田耳鼻咽喉科クリニックを開業された川田 和己医師
  • あおきウィメンズクリニックを開業された青木 陽子医師
  • 押上なりひら皮膚科・形成外科クリニックを開業された原島 要人医師
  • ふせき心療クリニックを開業された布施木 誠医師
  • 東京外科クリニックを開業された大橋 直樹医師
  • ふじた皮膚科クリニックを開業された藤田 歩医師
  • あさか心のクリニックを開業された中島 茂雄医師

他の医師の声を見る

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら