2018年クリニック開業セミナーを開催いたします。医院開業に関する様々な疑問、不安に関して、コンサルタントとしてのノウハウをお伝えします。

FPサービスの開業実績
開業された先生の声

FPサービスが医院開業をお手伝いさせていただいた医師の声を一部ご紹介いたします。

ふせき心療クリニック
布施木 誠 先生

ふせき心療クリニックのホームページはこちら

いきなり私事で恐縮ですが、2人の医学の師について書かせていただきたく存じます。
私は旧研修医制度のもとで、循環器内科の研修から医学臨床の世界に入った者です。
わずか1年あまりの研修でしたが、そこで得たものは精神神経科・心療内科に転科後も、大いに役立ち、楽しかったことも・辛かったことも人生の宝になっています。

村田和彦教授、安永浩先生との出会い

一番の思い出は、母校の循環器内科(当時の第2内科)を主宰しておられた、村田和彦教授の部屋に呼ばれ、密かに転科準備を進めていた私に対して、「一度門を叩いた以上は、節目の時期までは修行を続けるべきである」と、医師である前に、人としての礼儀やけじめを諄諄と諭されたことです。教授の一言一句が心に突き刺さり、深く頭を垂れるしかありませんでした。

村田教授は、翌年の春に東大時代の同級であった、当時東大分院神経科を主宰しておられた安永浩先生に推薦状を書いてくださいました。私の精神医学の根幹は、すべて安永先生と、その匆々たる高弟の先生からの深い影響のもとで培われたものです。臨床を徹底的に大事にする姿勢がその中心にありました。

教授職よりも患者さんと向き合いたいという思いから開業を決意

私はその後、大学病院や精神科病院、大学保健管理センター医師、法務省医務官勤務などを経て、臨床心理士を養成する心理系大学・大学院の教授職を勤める運びになりましたが、どうにも臨床実践に対する愛着が強く、またEBM全盛の研究活動にも馴染めないものがあり、定年まで7年余り残して(教育活動に未練はあったのですが)クリニック開業を決意しました。

FPサービスのセミナーに参加し、開業支援の依頼へ

ただ煩瑣な医療事務や経営面の知識経験に乏しいため、逡巡する私の背中を押してくれたのが、FPサービスが主催する開業セミナーに出席したことでした。会場の東京国際フォーラムは、毎年自分の趣味の音楽活動で、GWには日参する場所でしたので、「あそこなら行ってみようか」的軽い気持ちで6月のセミナーに参加してみました。

私のようなひねくれものが「セミナー」というと、まず連想するのが「自己啓発セミナー」です。実際参加してみると、そのような怪しい熱気は微塵もなく、いかにも正直そう(?)な椎原社長のお話と、開業の先輩の先生の体験談は誠にわかりやすく、好感を持ちました。

余分なコストを差し引いた支援計画の立案

スタッフの面々も皆若く、清心の気を感じました。
最初からすべて自力での開業は無理だろうと思っていたので、開業支援をお願いすることにしたのですが、スタッフの募集等、私のコネクションが活用できる部分のコスト等は差し引いて、支援計画を立ててくれる姿勢には、フェアネスを感じました。

大学や病院の仕事と並行しつつ、わずか半年間で十分満足できるレベルのクリニックを開業することができたのは、FPサービスのスタッフのご支援のお蔭と感謝しております。定年に近い年齢からの新事業ですので、リスクがあるのは承知の上です。健康に留意しつつ、新米時代の2人の師の学恩に少しでも報いることができればと、また地域の精神保健に少しでも貢献できればと、今日も自分スタイルの診療活動に励んでおります。

医師プロフィール

布施木 誠(ふせき まこと)
日本精神神経学会 認定専門医
精神保健指定医

医院開業された先生の声   一覧へ戻る
HOMEへ戻る


医院開業セミナーの詳細はこちら

無料相談はこちら

↑ページのTOPに戻る