コンサルティング会社の広告宣伝 「ホームページ制作・広告戦略」
クリニックのMEO対策

クリニックでもSEO対策が重要と言われてずいぶん経つのですが、同じく重要になっているのがMEO対策です。

MEOはMap Engine Optimizationの略であり、簡単に言いますとあるビジネスがGoogleマップで検索された際に、見つけやすくするための施策になります。

こちらではクリニックのMEO対策について、基本的に必要な実施事項からどのように集患に役立てていくのかをご紹介します。

Googleマイビジネス

MEO対策はGoogleマップでの検索に対して打たれますが、まず基本的にはGoogleマイビジネスを理解しておくことが大切です。

Googleで検索していると、検索結果にお店や会社の詳細情報が表示されているのを見かけることがあるかと思います。

ホームページをお持ちの方にとっては、ホームページ内の抜粋でもなければ、掲載した覚えもないのに表示されて驚くこともあるかもしれません。

名前や住所、営業中かが記載されているカードのような枠。これはGoogleマイビジネス情報というものです。

Googleマイビジネスというのは、検索結果やGoogleマップなどに掲載される情報を一括で管理できる無料のツールです。

クリニックがGoogleマイビジネスでできること

クリニックとしてこのGoogleマイビジネスでできるのは以下のようなことが挙げられます。

  • クリニック名の登録
  • 診療時間の登録
  • 住所登録
  • 電話番号の登録
  • カテゴリ追加
  • ホームページのURL追加
  • 写真の投稿

上記以外にも口コミや質問に対する返信も行えたり、特別なイベントやサービスの掲載・投稿も行うことができます。また、専門的になりますが、マイビジネス内に限った簡易的なアクセスデータの閲覧も可能です。

オーナーの確認が大切

大変便利なGoogleマイビジネスですが、注意しなくてはいけない点があります。
それは、そのビジネスのオーナー確認をすることです。

実はGoogleマイビジネスは明確なオーナーが登録されていなければ、誰でも変更修正が可能なツールです。

ということは、競合他社や悪意のあるユーザーにより、営業時間の書き換え、口コミに対する勝手な返信、写真追加や住所変更などをされてしまうリスクがあるのです。

開業される先生であれば、自分からこのマイビジネスの登録を行うことが安心ですが、実はグーグルが自ら地域の情報やマップ情報から、店舗情報を登録するという場合があります。

自動で掲載してくれるのは便利ではありますが、管理者不在の状態ですので、上記のような書き換えがだれでも可能です。オーナーの確認は忘れずに行っておくようにしましょう。

MEO対策として活用できる機能

ナレッジパネル

ユーザーが検索した際にそのキーワードに対して適したビジネスを、専用枠で表示します。PCでの検索なら、検索順位が並んでいる右側にカード形式で出てきます。

この枠にはビジネス名つまりクリニック名、営業時間やキャッチ画像、アクセスマップ、説明や投稿まで表示され、検索画面において大きく目立たせることができます。

さらに、この枠はスマホの画面では一番上、つまりSEO対策での検索ランキングより上に表示され、ホームページへのリンクから直接電話をかけるボタンまでそろい、検索結果画面において寡占状態を獲得できるのです。

悲しいことではありますが、この枠を競合に獲得されてしまうと、かなり苦しい状況となります。

その場合にはまず頑張ってSEO対策を改善し、自分のマイビジネス情報も充実させ、次に説明するローカルパック表示に持っていけるよう頑張りましょう。

ローカルパック

検索されたキーワードに対して、ナレッジパネルを与えるだけのビジネスが存在しないか、または適当なビジネスが複数存在するときに表示される枠です。

小さなGoogleMapの切り出しの下に、最大3つのビジネスが表示されます。

「地域+科目」での検索では大抵このローカルパックが表示されます。となると、後はその中での順位付けになってきます。

地理的な要素も検索キーワードとの関連性に関わっていますが、少し離れた地域でもこのローカルパック内に入ることは不可能ではありません。

それができれば、SEO対策で順位を上げていく事が難しい診療圏に対し、クリニックの存在をアピールすることができます。

地域に競合が多い場合には、この枠へ入り込むことも結構大変です。

もしも駅などを起点として検索した場合には、その駅からの距離が近いビジネスが優位にいますし、クリニックだけではなく病院とも競うことになる場合があります。

病院は地域においてランドマーク(目印)であるとGoogeが判断しやすく、優先的にローカルパックに入って来るケースがあります。

いずれにしてもマイビジネス情報だけを頑張ればいいというわけでもなく、基本はSEO対策にあります。SEO対策が万全であるほど、ナレッジパネルやローカルパックの獲得もしやすくなるとされています。

Googleの立場になって考えてみると、サイトの情報も薄く更新もされないようなホームページよりも、充実したコンテンツを持ち、定期的に情報発信をしてユーザーのことを考えているサイトに専用枠を与えたいと考えるのは自然なことです。

簡単でありながらとても重要なマーケティングツールです

開業されている場合には、クリニックがどのようにマイビジネスで掲載されているか、またオーナー確認は行っているかチェックしましょう。

これから開業するという場合には、ぜひ登録をしましょう。ただ、忙しい中こまごまとした登録手続きや情報入力が必要ですので、代行していただいた方が良いかと思います。

マイビジネス内でのアクセスデータが取得できること、また専門的な内容ですが、SEOとMEO、検索結果画面での最適化(SERP改善)、WEBマーケティングなどにも関連する重要なツールでありますので、できれば代行はWEBとマーケティングに詳しい方にお願いすることが望ましいです。

こちらは検索キーワードと関連の強いビジネスを、Googleが判断し最適な形で検索結果に挿入するものです。

まずはクリニックをマイビジネスに登録しておくこと(GoogleMapへの登録)が重要ですが、それだけには止まらず、このマイビジネスにおいてもSEOのように順位付けが行われているのです。

  • FPサービス代表 椎原正の著書「クリニック開業実践ガイダンス」重版決定
  • FPサービス株式会社大阪支社設立のご案内
  • FPサービスの開業実績、開業支援実績
  • FPサービスの開業実績、開業された医師の声
  • ますだ内科クリニックを開業された益田 公彦 医師
  • 寺田クリニックを開業された寺田茂則医師
  • もんなか泌尿器科を開業された五十嵐 敦医師
  • お茶の水甲状腺クリニックを開業された宇留野 隆医師
  • 	新宿南口レディースクリニックを開業された市田 知之医師
  • まえはら整形外科クリニックを開業された前原 秀二医師
  • 柏駅前内科・皮ふ科を開業された斉藤 翔伍医師
  • ひたちなかメンタルクリニックを開業された今分 涼子医師
  • すずきクリニックを開業された鈴木 洋輝医師
  • 西大島あたらし眼科を開業された新 卓也医師
  • 北戸田ナノ整形外科クリニックを開業された加藤 仲幸医師
  • 北綾瀬とうわクリニックを開業された大森 聡士医師
  • 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科を開業された岡林 大医師
  • 酒田駅前メンタルクリニックを開業された渋谷 直史医師
  • 新城女性のクリニックを開業された後藤 妙恵子医師
  • 江古田みずのクリニックを開業された水野 智之医師
  • 川田耳鼻咽喉科クリニックを開業された川田 和己医師
  • あおきウィメンズクリニックを開業された青木 陽子医師
  • 押上なりひら皮膚科・形成外科クリニックを開業された原島 要人医師
  • ふせき心療クリニックを開業された布施木 誠医師
  • 東京外科クリニックを開業された大橋 直樹医師
  • ふじた皮膚科クリニックを開業された藤田 歩医師
  • あさか心のクリニックを開業された中島 茂雄医師

他の医師の声を見る

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら