手続きだけじゃない!経営を見据えた開業を
クリニック開業手順

3-1.事業計画


※スケジュール表はあくまでも目安です。
    開業される地域や科目によって変更になる場合があります。


事業計画には3通りありますが、必要なものは以下の2つだけです。

  • 最低限の堅めの予想に基づいて経費を多めに見積もった、キャッシュフローを管理するためのご自身のための経営計画
  • 開業に欠かせない銀行からの資金調達のための事業計画

「開業に欠かせない銀行からの資金調達のための事業計画」については、何も架空の事業計画書を作ろうというわけではありません。
銀行も、過去の経験から開業のリスクについてのノウハウを積みつつあります。
一昔前のような、でっち上げの事業計画書は通用しません。
予想されるであろうストライクゾーンに入った、過少でも過大でもない事業計画書です。

この事業計画書を作成するためには、固めたコンセプトから必要とされる医療器械の見積もりを取り、建設内装工事の見積もりを取ることが必要となります。

時間的に相当な余裕があれば、設計事務所や器械類をあらかた決めて総費用額の概算を固め、人件費、家賃、医薬品費、変動費、リース代、返済元金などを組み入れた事業計画書を作成してください。

事業計画書があると
損益分岐の目安がわかります

事業計画書があることにより、クリニックの損益分岐点(※開業用語集へ)の数字や、1ヶ月あたりどれくらいの患者様に来院していただく必要があるのかが明確になります。

時間的な余裕がなければ、相談にのってもらっている方に依頼して、想定される事業内容に基づいた見積書を取り、事業計画書を作成してもらってください。

最後に不要な事業計画書は、「成功するから開業しましょう」という甘い事業計画書の内容となっています。

業者が作った全ての計画書が悪いとは言えませんが、中には開業を決心していただかないとモノやサービスなど何も売れないからと、まずは開業ありきの事業計画書となっています。
見分けるのは簡単です。初期の患者様の増加数が高め、その後の患者様の伸びも高めな計画は注意が必要です。

色々チェックすべきポイントはありますが、詰めの甘い事業計画書は先生が成功するためには不要です。

医院開業セミナーの詳細はこちら

無料相談はこちら

その他の医院開業項目はこちら

  • FPサービス代表 椎原正の著書「クリニック開業実践ガイダンス」重版決定
  • FPサービス株式会社大阪支社設立のご案内
  • FPサービスの開業実績、開業支援実績
  • FPサービスの開業実績、開業された医師の声
  • ますだ内科クリニックを開業された益田 公彦 医師
  • 寺田クリニックを開業された寺田茂則医師
  • もんなか泌尿器科を開業された五十嵐 敦医師
  • お茶の水甲状腺クリニックを開業された宇留野 隆医師
  • 	新宿南口レディースクリニックを開業された市田 知之医師
  • まえはら整形外科クリニックを開業された前原 秀二医師
  • 柏駅前内科・皮ふ科を開業された斉藤 翔伍医師
  • ひたちなかメンタルクリニックを開業された今分 涼子医師
  • すずきクリニックを開業された鈴木 洋輝医師
  • 西大島あたらし眼科を開業された新 卓也医師
  • 北戸田ナノ整形外科クリニックを開業された加藤 仲幸医師
  • 北綾瀬とうわクリニックを開業された大森 聡士医師
  • 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科を開業された岡林 大医師
  • 酒田駅前メンタルクリニックを開業された渋谷 直史医師
  • 新城女性のクリニックを開業された後藤 妙恵子医師
  • 江古田みずのクリニックを開業された水野 智之医師
  • 川田耳鼻咽喉科クリニックを開業された川田 和己医師
  • あおきウィメンズクリニックを開業された青木 陽子医師
  • 押上なりひら皮膚科・形成外科クリニックを開業された原島 要人医師
  • ふせき心療クリニックを開業された布施木 誠医師
  • 東京外科クリニックを開業された大橋 直樹医師
  • ふじた皮膚科クリニックを開業された藤田 歩医師
  • あさか心のクリニックを開業された中島 茂雄医師

他の医師の声を見る

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら