手続きだけじゃない!経営を見据えた開業を
クリニック開業手順/スケジュール

開業スケジュール(例)

開業までにどんな項目があるかのスケジュールを把握しましょう。開業前7カ月の期間がるとして、まずはコンセプトの確定をします。そこから診療圏調査、物件探し、資金計画、金融機関への融資申し込みを実施します。また7カ月前時点の早い段階から医療機器のデモをしておきましょう。コンセプトなど固まり次第ホームページ制作に着手します。6カ月前には事業計画の検討から決定を行い、金融機関融資の1回目が決まります。また6カ月前から設計・内装工事について、その設計会社の選定を開始します。ホームページは正式なものでなくても立ち上げを行い、情報の掲載を進めていきます。5カ月前になりましたら、事業計画を実際に作成、設計・内装工事では設計と図面を決定しましょう。ここから開院に向けてのチラシ作成の業者選定も行います。合わせて、クリニックのロゴデザインも検討開始します。開院の4カ月前位になると、内装工事の会社を決めます。また医療機器もデモを重ねた上で機器選定を開始します。チラシのデザインも決め始め、合わせてロゴも決定しましょう。ロゴが決まればホームページの正式版デザインの作成を開始、また求人を始めるタイミングになりますので、求人情報の掲載も、有料媒体やホームページで始めていきます。いよいよ3カ月前になってきますと、リース会社の検討と準備が始まります。医療機器も具体的に見積もりをとりましょう。また3カ月前では薬品、医療材料の業者選定を始めます。チラシはここで納品され、ロゴデータも完成版の納品となります。ホームページの正式なデザインも決定し本格的制作を実施します。3っカ月前では保健所の審査・検査も開始してきます。そして求人は実際に面接を開始し、採用者を絞っていきます。開業の2カ月前、金融機関の2回目の融資があります。リース会社も見積もりを取って契約し、工事は引き渡しを迎えます。ここで警備会社も選定しておきましょう。医療機器は発注をかけます。薬品・医療材料は選んだ業者さんとの打ち合わせを開始します。什器・備品も同様です。また清掃・廃棄物業者もここで選び始めましょう。ホームページは本公開し、内覧会などの案内も掲載します。求人は面接を経て採用者を決定します。最後の開院1カ月前、医療機器が搬入され、薬品・医療材料、什器・備品が納品され、いよいよクリニックの中を整備します。ここで清掃・廃棄物業者も正式に決定をしましょう。また作成していたチラシのポスティングと共に、内覧会の準備もします。スタッフの研修も行いながら、ユニフォームを決めたり、労働保険加入も申請。また社会保険局、公費負担、労災指定の申請も忘れずに実施します。ここまできてやっと、開業というスタートラインに立てました。多くの項目がありましたが、ここからクリニックを経営していくことが大切です。

1.開業コンセプトの決定

医院開業を成功させるポイントは、コンセプトを固めることです。まず「やりたくない診療」を決め、「やりたい診療」「クリニックの規模」などを決めていきます。
詳細はこちら

2.開業場所の選定

医院を開業するにあたり、場所の選定は重要です。診療圏調査や競合するであろうクリニックの状況・診療科目の特性を考慮した上で、慎重に選ぶ必要があります。
詳細はこちら

3.開業資金の借入れ

医院を開業するにあたり、多くの先生は金融機関からの借入れが必要になります。先生の状況に応じて金融機関からできるだけ有利な条件で借入れを行います。
詳細はこちら

4.設計・内装

設計事務所を選ぶ場合、ホームページや電話帳で探して依頼するよりも、どなたかのご紹介で依頼される事が多いと思います。
詳細はこちら

5.医療機器の選定

医療機器の選定は慎重に行わなければなりません。気軽な気持ちで業者に見積りを依頼してしまうと、医療機器が高値で固定されてしまうことが多いからです。
詳細はこちら

6.申請・届出業務

医院開業時には行政への届出や手続きが必要です。消防署や保健所と事前相談を行い、スムーズに手続きが進むような段取り・調整も行います。
詳細はこちら

7.スタッフ採用

診療科目や内容によって必要となるスタッフの人員数は異なります。適正な人員配置や採用の方法はコンサルタントなどに相談し決定していきましょう。
詳細はこちら

8.広告戦略

医院を開業しただけでは、なかなか患者様は来ません。印刷物やホームページなどの広告について、注意事項やタイミング・活用法などをご案内致します。
詳細はこちら

9.開業当日

いよいよ開業当日です。
詳細はこちら

税理士・社労士の選定

先生ご自身にお知り合いの税理士、社労士がいる場合にはあえて新しく選定する必要もないかもしれませんが、抑えておくべき点については理解しておきましょう。
詳細はこちら

  • FPサービス代表 椎原正の著書「クリニック開業実践ガイダンス」重版決定
  • FPサービス株式会社大阪支社設立のご案内
  • FPサービスの開業実績、開業支援実績
  • FPサービスの開業実績、開業された医師の声
  • 埼玉外科クリニックを開業された松下 公治 医師
  • B-Leafメディカル内科・リハビリテーションクリニックを開業された小野間 優介 医師
  • 原木中山駅前整形外科・リハビリテ−ション科を開業された加藤 高英 医師
  • やおさか皮フ科クリニックを開業された八百坂 遵 医師
  • 元住吉くろさき呼吸器内科クリニックを開業された黒ア 裕一郎 医師
  • ますだ内科クリニックを開業された益田 公彦 医師
  • 寺田クリニックを開業された寺田茂則医師
  • もんなか泌尿器科を開業された五十嵐 敦医師
  • お茶の水甲状腺クリニックを開業された宇留野 隆医師
  • 	新宿南口レディースクリニックを開業された市田 知之医師
  • まえはら整形外科クリニックを開業された前原 秀二医師
  • 柏駅前内科・皮ふ科を開業された斉藤 翔伍医師
  • ひたちなかメンタルクリニックを開業された今分 涼子医師
  • すずきクリニックを開業された鈴木 洋輝医師
  • 西大島あたらし眼科を開業された新 卓也医師
  • 北戸田ナノ整形外科クリニックを開業された加藤 仲幸医師
  • 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科を開業された岡林 大医師
  • 酒田駅前メンタルクリニックを開業された渋谷 直史医師
  • 新城女性のクリニックを開業された後藤 妙恵子医師
  • 江古田みずのクリニックを開業された水野 智之医師
  • 川田耳鼻咽喉科クリニックを開業された川田 和己医師
  • あおきウィメンズクリニックを開業された青木 陽子医師
  • 押上なりひら皮膚科・形成外科クリニックを開業された原島 要人医師
  • ふせき心療クリニックを開業された布施木 誠医師
  • 東京外科クリニックを開業された大橋 直樹医師
  • ふじた皮膚科クリニックを開業された藤田 歩医師
  • あさか心のクリニックを開業された中島 茂雄医師

他の医師の声を見る

↑ページのTOPに戻る

このページの先頭へ戻る

医院開業の無料セミナー
ご案内はこちら

医院の新規開業・再建・売却
無料相談お申込みはこちら

FPサービス会社概要
資料のご請求はこちら