銀行借入の可否、返済見込みは?自分の開業の総コストは?何から手を付けるべきか?ライバルの動向は?無理しない自己資金ねん出は?ベストな開業時期は?その他医院の開業のあたって不安・疑問がある場合はご相談ください。

手続きだけじゃない!経営を見据えた開業を
クリニック開業手順

1.開業コンセプトの決定

医院開業を成功させるポイントは、コンセプトを固めることです。まず「やりたくない診療」を決め、「やりたい診療」「クリニックの規模」などを決めていきます。
詳細はこちら

2.開業場所の選定

医院を開業するにあたり、場所の選定は重要です。診療圏調査や競合するであろうクリニックの状況・診療科目の特性を考慮した上で、慎重に選ぶ必要があります。
詳細はこちら

3.開業資金の借入れ

医院を開業するにあたり、多くの先生は金融機関からの借入れが必要になります。先生の状況に応じて金融機関からできるだけ有利な条件で借入れを行います。
詳細はこちら

4.設計・内装

設計事務所を選ぶ場合、ホームページや電話帳で探して依頼するよりも、どなたかのご紹介で依頼される事が多いと思います。
詳細はこちら

5.医療機器の選定

医療機器の選定は慎重に行わなければなりません。気軽な気持ちで業者に見積りを依頼してしまうと、医療機器が高値で固定されてしまうことが多いからです。
詳細はこちら

6.申請・届出業務

医院開業時には行政への届出や手続きが必要です。消防署や保健所と事前相談を行い、スムーズに手続きが進むような段取り・調整も行います。
詳細はこちら

7.スタッフ採用

診療科目や内容によって必要となるスタッフの人員数は異なります。適正な人員配置や採用の方法はコンサルタントなどに相談し決定していきましょう。
詳細はこちら

8.広告戦略

医院を開業しただけでは、なかなか患者様は来ません。印刷物やホームページなどの広告について、注意事項やタイミング・活用法などをご案内致します。
詳細はこちら

9.開業当日

いよいよ開業当日です。
詳細はこちら

↑ページのTOPに戻る