医院開業について、経営について不安や疑問があるとき、何を相談したら良いかまとまっていない、資金についてピンポイントで聞きたいなど、開業に関する疑問がある場合、まずは無料相談をご利用ください。とりあえず開業情報を集めたい。開業場所で迷っている。何を相談すれば良いかわからない。どの開業支援業者に頼むか迷っている。自己資金・開業資金に不安がある。医院開業準備についてセカンドオピニオンを受けたい。などなど医院開業に関わるご相談はお気軽にどうぞ。

コンサルティング会社の広告宣伝 「ホームページ制作・広告戦略」
ホームページを見た後、来院してもらうために

ホームページを見てもらい、実際にクリニックに来院してもらうまでには、大きく分けて2つの対策が必要になります。ホームページに辿りついてもらうまでの「入口対策」と、ホームページを見た後、実際に受診してもらうまでの「出口対策」です。ホームページからの集患は、この「入口対策」と「出口対策」の両方が噛み合って初めて効果がでます。このページでは「出口対策」についてご紹介いたします。
入口対策についてはこちらをご覧ください。

ホームページの「出口対策」とは?

「入口対策」によってホームページを見に来てもらえる環境が整ったとしても、患者様に「このクリニックに行ってみよう」と思ってもらえなければ意味がありません。ホームページから集患につなげるためにはどのようなことが必要でしょうか。

受診までのハードルを下げる

初めてのクリニックを受診することは、患者様にとっては、とてもハードルが高いものです。
体調が悪い場合に、クリニックに受診すれば、より効果的なお薬をもらえるにもかかわらず「クリニックに行くのは嫌」と市販薬で済ませようとする方々も少なくありません。そうした背景には、クリニックに対する不安が含まれています。そのためホームページでは、患者様の不安を少しでも取り除いてもらえるような内容を掲載し、患者様が受診するまでのハードルを少しでも下げてもらえるような工夫が大切です。

患者様の不安を取り除くための要素とは?

患者様の不安を取り除くために、どのような内容を載せれば良いでしょうか。
特別なことはありませんが、下記にいくつか挙げてみます。

  • 受診すれば症状や病気は治るのか
  • 治療方法はどういったものだろう、痛くないだろうか
  • 診療してくれる先生はどんな人柄だろう、怖くないだろうか
  • クリニック内の雰囲気はどうだろうか

これらの内容をホームページに掲載する=「見える化」してあげることで、患者様が受診するまでのハードルは徐々に下がってきます。

ポイントは、わかりやすい「見える化」

ホームページを通じて、クリニックを「見える化」することは大事ですが、ただ単に掲載するだけでは効果は半減してしまいます。ポイントは、いかに患者様にわかりやすく「見える化」できるかということです。例えば、病名や症状など、先生にとっては普段から使っている言葉でも、一般の方にとっては聞き慣れない専門用語かもしれません。

FPサービスでは、先生側の専門用語を、患者様側の言葉に翻訳(言葉の噛み砕き)させていただきホームページに掲載しています。これら、先生側と患者様側の言葉を繋げるノウハウは、クリニック専門でホームページ制作・運用を行っているFPサービスだからこその強みだと思っております。

↑ページのTOPに戻る