銀行借入の可否、返済見込みは?自分の開業の総コストは?何から手を付けるべきか?ライバルの動向は?無理しない自己資金ねん出は?ベストな開業時期は?その他医院の開業のあたって不安・疑問がある場合はご相談ください。

コンサルティング会社の広告宣伝 「ホームページ制作・広告戦略」
まずはホームページを見に来てもらうために

ホームページを見てもらい、実際にクリニックに来院してもらうまでには、大きく分けて2つの対策が必要になります。ホームページに辿りついてもらうまでの「入口対策」と、ホームページを見た後、実際に来院してもらうまでの「出口対策」です。ホームページからの集患は、この「入口対策」と「出口対策」の両方が噛み合って初めて効果がでます。このページでは「入口対策」についてご紹介いたします。
出口対策についてはこちらをご覧ください。

ホームページの「入口対策」とは?

ホームページの入口対策とは、簡単にいうとGoogleやYahoo!といった検索エンジンの検索結果表示に、先生のホームページが上位表示されること(SEO対策)です。

患者様にホームページを見てもらう上で、SEO対策はとても重要なのですが、それ以上に大切なのは「どのキーワードで上位を取るか(キーワードの選定)」です。もし仮に、あるキーワードで検索結果1位を取ったとしても、それらのキーワードで検索をする患者様がいなかったり、来院につながらないキーワードなら意味がありません。キーワードの選定についてはホームページによる集患と検索(※Drサポート通信へ)もご参照ください。

来院につながりやすいキーワードを選定し、SEO対策を行います

ホームページ制作の流れ

ホームページを見に来る患者様のキーワードは、右図のように「指定型」「顕在型」「顕在型〜潜在型」「潜在型」の4種類に分けられます。

この中でFPサービスがSEO対策にもっとも力を入れるのは「顕在型」になります。「指定型」はクリニック名で検索してくる層のため、特に対策を行わなくても大抵は検索結果上位に表示されます。そのため、より重要になってくるのは、クリニックの存在は知らないけれども、知ってもらえれば患者様になる可能性が高い「顕在型」キーワードへの対策です。

「地域名」+「診療科目(診療内容)」でのSEO対策がカギ

ホームページの入口対策では、「顕在型」キーワードでの検索順位が大きなポイントになります。「顕在型」は「地域名」と「診療科目(診療内容)」を組み合わせたキーワードで調べてくる層になります。では、「顕在型」キーワードで調べてくる患者様は、どのような方でしょうか。

  • 受診意欲が高い(→地域名もキーワードに含めているため、実際に行動を起こす意図がある)
  • 受診するクリニックは決まっていない(→決まっていればクリニック名で検索するはず)

上記のような点から、クリニックにとってマッチング率が高い層になります。
そのため「顕在型」キーワードの検索結果で上位表示を取ることは、集患、それもホームページからの新患獲得に直結し、逆に検索順位が低いと、検索結果で上位表示されているライバルクリニックに新患を取られてしまうことになります。そのため「顕在型」キーワードの検索結果上位表示対策をしっかり行うことが、FPサービスの入口対策になります。

↑ページのTOPに戻る